風俗の昔話をお話します

全力投球こそ基本です

全力投球。それは風俗で遊ぶ際には当たり前の自分のポリシーです。全力投球した方が楽しいということに気付いたんですよ(笑)ソープを風俗の主戦場にしているからと言うのもあるでしょう。他の風俗の場合は受けて楽しむものですけど、ソープは自分が主導権を握ってアグレッシブに相手に対してのアクションが出来るじゃないですか。だからこそ、相手任せにするのではなくて自分なりに積極的にと考えています。別にそこまで大袈裟なことではないんです。ソープではそんなに意識することもないのかもしれないんですけど、気付くと自分でも汗まみれになっていることは珍しくありません。自分でもそのくらい頑張ると、やっぱり気持ちの面でも変わってくるし、ソープの真髄というか、相手は受けているとはいってもどのような受けを見せてくれるのか。まさに受けの美学と言っても良いですよね(笑)だからこそ、ソープで遊ぶ時だけは全力投球をモットーにして楽しむようにしています。

顔に似合わない上手な子でしたよ

顔だけを見れば、地味と言うか良く言えば清楚な雰囲気の風俗嬢だったんです。大人しそうなのもあるし、まだまだあまり遊んでいないんだろうなと思うタイプの風俗嬢でした。ホームページで見た時はそこまで感じなかったんですけど、実際にご対面すると大人しそうな雰囲気の女の子でした。むしろ実物の方が興奮するタイプでしょうかね(笑)男って大人しそうな女の子、好きじゃないですか(笑)だからきっと彼女、これからもっともっと人気が出るんじゃないのかなって思いますね。でも彼女、外見は大人しそうでしたけどプレイに関してはかなりの熟練者でしたね(笑)そのギャップが堪りませんでした。正直、そこまで上手ではないというか、受け身タイプの風俗嬢なのかなって思っていたんですけどむしろとても上手でした。しかも攻撃がピンポイント。男のことをよく分かっている女の子だなって実感させられるほどに的確な攻撃でこちらを満足させてくれたのは忘れません。