風俗の昔話をお話します

フィニッシュまでこだわります

風俗ではどういったフィニッシュを迎えるのかもまた、こだわる部分です。「終わり良ければ総て良し」という言葉もあるくらいです。やっぱりどんな展開になるにせよ、フィニッシュによってそれまでの印象だとか、その日のプレイの満足度だって変わってくると思うんですよね。だからどんなフィニッシュにするのかもしっかり考えるようにしているんです。風俗のオーソドックスなフィニッシュと言えばお口だと思うんです。それもオーソドックスとして選ばれていることからも分かるように、決して悪いものではないと思いますし、他に何もないならお口で十分だと思うんです。でも、こだわりがあるならお口以外にするのも楽しさの一つなんじゃないのかなって思うんですよね。特に自分が好きなのは谷間での発射です。いわゆるパイズリですね。これは巨乳相手でなければ出来ないことなんですけど、あの快感は女の子の力量次第では相当なものになりますので、ついリクエストしたい気持ちになってしまうんです。

妥協したくないのは風俗だけ

風俗に関してはと言うよりも、風俗だけは妥協したくない自分がいるんですよ(笑)他のことは別にどれだけ妥協してもいいんですけど、風俗に関してだけは妥協したくないからこそ、事前にいろいろなことを調べるようにしています。まず、口コミはしっかりと調べるようにしているんですよ。だって口コミを見ておくだけでも事前にどんなものなのか分かるじゃないですか。それって実際の所、かなり重要なことなんじゃないですかね。後はプロフ。ここもまた、何気に重要な部分なんです(笑)なぜなら、プロフを見ればどんな女の子なのか分かるじゃないですか。話題だったり、あるいは相手の癖だとか、更には更新頻度からも性格を垣間見ることが出来るんです。これらを知っておくだけで、当日女の子と向き合った時の自分がすべきことや、逆に触れない方が良いことなど様々なパーソナルなデータが見えてくるので、楽しめること間違いなしになるんじゃないかなって思うんですよ。