風俗の昔話をお話します

無意識でも眩しいですよね

どんな衣装であっても若い風俗嬢は眩しいものです。風俗嬢にとっては別に意識している訳ではないことでも、こちらからするとかなりそそられることだってあるじゃないですか。例えば短パン姿。デリヘルだとたまに短パン姿の女の子がいますけど、彼女たちにとってはおしゃれだったり動きやすい私服であって、それ以上でもそれ以下でもないと思うんですよ。別に男を誘惑しようだなんてこれっぽっちも思っていないと思うんですよね。でもこっちからすると、太ももを見ているだけで眩しいし、そそられるのも事実なんですよ。それだけでも嬉しいじゃないですか。さらにはモチベーションもテンションも高まってくるものなんです。だから風俗ではこうした男女のギャップもまた、ある意味では大きなテーマになるんじゃないかなって思っていますけどね。それくらいの方がやっぱり楽しいし、想像も出来ない展開が待っているかもしれないんです。そういったこともまた、風俗の楽しさですね。

遊んぶ予定がキャンセルになったので

本当はその日は久しぶりの友人と遊ぶ予定だったんですけど、その友人が結局仕事が入ってしまったと。それなら遊びよりもそっちを優先してもらいたいって思いますけど、ただ現実的にその日の予定が無くなってしまったのも事実。一日ダラダラ過ごすのもそれはそれで悪くはないと思いますけど、せっかくだし何か…って思った時に思い浮かんだのが風俗でした。繁華街に行く予定だったんですよ。それなら、別にキャンセルにはなったけど繁華街まで行ってみようと。そこには風俗も数多くあると聞いていたので、ちらっと風俗でもと思ったんですよ。そう思ってからはポータルサイトを必死にチェックしました(笑)どんな風俗があるのか改めて確認させてもらいましたけど、結構いろいろな風俗があるんだなってことに気付かされましたし、その中からどうしようかなと考えるのも楽しかったです。そして、その中から気になったお店のEちゃんと楽しめて、満足感のある一日を過ごせました。